中央競馬:ニュース中央競馬

2016.2.4 05:00

休養中の四位騎手、栗東で騎乗再開!来週復帰へ

 昨年12月19日の阪神3Rで本馬場入場後に落馬して右足首を負傷し、休養中の四位洋文騎手(43)=栗・フリー=が3日、栗東トレセンで騎乗を再開。1カ月半ぶりの馬上で、感触を確かめた。

 「捻挫だけではなく、軟骨の損傷もあって時間がかかった。焦りはないけど、けがでこれだけ休んだのは初めてかも。久々の騎乗で緊張したし、スピードが出るなと思ったね」と語った。

 来週13日、レースに復帰する予定。現在、JRA通算1499勝で、区切りの数字にあと1勝と迫っている。「リーチがかかっているからね。いつか達成できるでしょう」と自然体だ。