中央競馬:ニュース中央競馬

2016.2.3 05:02

福永祐一騎手、来週から調教騎乗復帰!

 昨年10月31日の京都競馬で落馬負傷して休養中の福永祐一騎手(39)=栗・フリー=が、来週9日か10日に栗東トレセンで調教騎乗に復帰することが2日、明らかになった。レースへの復帰については、20日を予定しているが、最終的には来週、実際に調教に騎乗して状態を確認してから判断するもよう。

 「治療に携わってくださった人たちのおかげで、自分が思っていた以上の早さで回復することができました。レースの復帰に関しては、調教に乗ってから判断したいと思います」

 同騎手は昨年のスワンSで落馬し、右肩鎖関節脱臼や靱帯(じんたい)断裂などの重傷を負って、全治5カ月と診断。今年1月から本格的なリハビリを始め、同下旬より都内で治療やトレーニングを行い、復帰に備えてきた。

 1月5日に京都競馬場で行われた関西テレビ放送賞の授賞式に出席した際には、3月復帰の意向を示していたが、さらに早まりそうだ。約3カ月半のブランクを経て、競馬ファン待望の復帰までカウントダウンに入った。