中央競馬:ニュース中央競馬

2015.10.6 05:03

【毎日王冠】データ分析

  *過去10年が対象

 ◆重賞実績 連対20頭中17頭が芝の重賞勝ち馬で、4歳以上で連対した9頭が重賞を2勝以上していた。格が重要なレース。

 ◆GI実績 連対馬20頭中12頭はGIで3着以内の実績があり、うち8頭はGI馬だった。GI実績のある馬は、信頼性が高い。

 ◆コース実績 連対20頭中10頭に東京芝で重賞勝ちの実績。残る10頭中4頭に東京の芝で勝ち星があった。

 ◆前走がGI 連対13頭の前走がGIで、なかでも3勝3着3回の宝塚記念組とは相性がよく、1勝2着4回の安田記念組も要注意だ。前走がGI以外だった場合、昨年の1、2着馬以外はすべて連対していた。

 ◆3~5歳中心 連対馬16頭が3~5歳。特に斤量面で恩恵のある3歳馬は、出走13頭に対して5頭が連対しており、要注意だ。

◇結論◇

 トップ評価はステファノス。重賞1勝のみという部分だけ減点だが、全馬の比較では最も死角が少ない。クラレントも年齢以外は全項目クリア。この馬が2番手となる。スピルバーグは重賞勝ちが昨秋の天皇賞のみ。6歳という年齢も微妙だが、致命的な減点にはならない。イスラボニータは、前走が中山記念5着という点がネックだ。古豪ダノンシャーク、リアルインパクトも年齢以外は問題なく、軽視は禁物だ。(データ室)

★毎日王冠の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら