中央競馬:ニュース中央競馬

2015.9.30 11:48

【スプリンターズS】充実一途ウリウリ1馬身先着

スプリント路線で開花しつつあるウリウリ(手前)。最後は力強く抜け出した

スプリント路線で開花しつつあるウリウリ(手前)。最後は力強く抜け出した【拡大】

 6F2戦のウリウリはCBC賞を内からぶち抜き、前走・セントウルSでハナ差2着。大外枠でなければ勝っていたかもしれない。「どこからでも、すごい脚を使える。最後にかわせるだけの切れ味」と主戦の岩田騎手が言うように、破壊力は文句なくGI級だ。

 栗東CWコースで5Fからスタートし、レッドセイリングの2馬身後ろで鞍上の鮫島良騎手と折り合った。4角で内へ。ラスト1Fでレッドに並びかけ、最後は余力十分に1馬身抜け出した。

 「馬はもうできているので調整程度。前走を使ったことで落ち着いています。気持ちでカッとすると早めに並びかける馬が、脚をためて我慢していた。(追い切りに乗った)CBC賞のときと同じようなデキにあると思います」と鮫島良騎手。

 前2走の内容から手応えを感じている藤原英調教師は、「あとは輸送をどうクリアするかだけ。メンバー的にペースは速くなりそう。ストレスのかからない真ん中あたりの枠から、馬群がバラけたところを飛んできてほしい」とVへの青写真を描く。(夕刊フジ)

★スプリンターズSの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら