中央競馬:ニュース中央競馬

2015.5.30 05:00

ゲート再審査合格!ゴールド宝塚3連覇へGOサイン

 天皇賞・春でゲート再審査となったゴールドシップ(栗・須貝、牡6)が29日、審査を受けて無事に合格した。

 横山典騎手を背に1回目は目隠しをしてゲート入りし、きれいなスタートを決めた。目隠しなしの2回目も嫌がることなくスムーズ。その後は坂路で4ハロン55秒2-15秒1と19日の帰厩後、初時計をマークした。

 「無事、受かりました。心配はしていなかったし、順調です」と鞍上は涼しい顔。「宝塚記念(6月28日、阪神、GI、芝2200メートル)の前にも調教に乗りに来ます」と語った。

 見届けた須貝調教師は「中間でもゲート練習はします。きょうは気分よく走らせてもらった」と笑顔。史上初の宝塚記念3連覇へ、在厩して調整を続けていく。