中央競馬:ニュース中央競馬

2014.7.9 15:45

【BLOOD】“渋めのSS系”◎グランデスバル

福島に合う“渋めのSS系”アドマイヤジャパンを父にもつグランデスバル

福島に合う“渋めのSS系”アドマイヤジャパンを父にもつグランデスバル【拡大】

★七夕賞

 最終日で差しのズブズブ決着になる七夕賞というのが福島の風物詩のような気がしなくもないが、開催2週目ならやはり先行有利ということになるだろう。

 ◎はグランデスバル。先週のラジオNIKKEI賞をマツリダゴッホ産駒のウインマーレライが制したように、今の福島にはちょっと渋めのサンデーサイレンス系種牡馬が合うのではないか。本命馬の父はアドマイヤジャパン。産駒は福島をはじめ、札幌、函館、小倉など、芝での連対率が10%を超えるのはいずれもローカルばかり。中央開催でも穴を開けたり、急坂をこなす産駒もいるが、基本は平坦ローカル向きということだろう。

 この馬が逃げるかどうかはまだ不透明だが、当日の準メーンがツインターボCなら逃げて勝ってほしいというのは欲張りすぎか。真面目に血統の話をすれば、母父はシルバーホークを通じてロベルトにさかのぼる系統。前に行って踏ん張れるだけの底力は備わっている。

 相手は昨年の覇者マイネルラクリマ。平坦コースで長くいい脚を使うチーフベアハートの特長が生きる舞台だ。

 ◇

 プロキオンSは前有利な中京ダートで行われるが、OPクラスなら自在性も求められるはず。万能種牡馬キングカメハメハ産駒のキョウワダッフィーに◎。こちらも母父がロベルト系ブライアンズタイムで競り合いにも強いはずだ。 (アサカ・リョウ)

★七夕賞の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら

★プロキオンSの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら