中央競馬:ニュース中央競馬

2014.2.3 18:36

【東京新聞杯】藤沢和師がコディーノなど3頭出し(1/2ページ)

藤沢和雄厩舎が勝負の3頭出し!その筆頭といえるコディーノに「今年はマイル路線での活躍を期待」

藤沢和雄厩舎が勝負の3頭出し!その筆頭といえるコディーノに「今年はマイル路線での活躍を期待」【拡大】

 東京2週目の日曜メーンは第64回東京新聞杯(GIII、芝1600メートル)。上半期のマイル路線の総決算、安田記念(6月8日、東京、GI、芝1600メートル)につながる重要なレースだ。

 美浦・藤沢和雄厩舎がコディーノ(牡4歳)、サトノギャラント(牡5歳)、レッドスパーダ(牡8歳)の3頭出しで上位独占を狙う。コディーノは天皇賞・秋5着以来の実戦となるが、1月5日に放牧先から美浦トレセンに帰厩。豊富な調教量を消化して、力を出せる状態にある。藤沢和師は「2000メートルは微妙に長いのかも。マイラー気質の血統だし、今年はマイル路線での活躍を期待している」と意欲的だ。

 また、サトノギャラントは東京マイルで4戦全勝とパーフェクトの成績。得意コースだけに重賞初制覇の可能性は十分ある。レッドスパーダは2010年東京新聞杯の勝ち馬。8歳となったが衰えは感じられず、こちらも上位争いが狙える。

 昨年の覇者クラレント(栗東・橋口弘次郎厩舎、牡5歳)は阪神C3着後、ここを目標に調整。5勝中3勝(すべて重賞)を東京コースで挙げている点と自在性は高く評価できる。

★「あの馬の関西遠征は…」など馬券につながる情報ばかり
 サンスポ予想王TVが提供するスペシャルアイテム「リアルタイム情報」

【続きを読む】