中央競馬:ニュース中央競馬

2014.2.3 12:43

【東京新聞杯】クラレント連覇で安田記念の主役へ

東京新聞杯連覇を狙うクラレント。勝って大混戦模様のマイル戦線主役に躍り出たい

東京新聞杯連覇を狙うクラレント。勝って大混戦模様のマイル戦線主役に躍り出たい【拡大】

 9日の東京では古馬のマイル重賞、「第64回東京新聞杯」(GIII、芝1600メートル)が行われる。同じ舞台の安田記念(6月8日)へつながる1戦だが、昨年の安田記念をスプリンターのロードカナロア(引退)、マイルCSを中距離タイプのトーセンラーが制したように、マイル戦線は主役不在の大混戦模様。ここで抜け出してくるのは-。

 コース巧者ぶりを生かして連覇を決め、一歩リードしたいのがクラレントだ。昨年は好位から抜け出して、2着ダイワマッジョーレの猛追を抑えてV。東京マイルでは他にもGIII富士Sを勝ち、GIのNHKマイルCで3着と、中身の濃い好走を続けている。

 先週29日の坂路はナイスミーチュー(シリウスS)と重賞ウイナー同士の併せ馬。4F52秒8、ラスト1F13秒4をマークし、ミーチューを力強く1馬身半突き放した。「この馬らしい動きで、状態はすごくいい。GIIIの割にメンバーがそろいそうだけど、東京の1600メートルは願ってもない舞台だから。きっちり結果を出し、意気揚々と安田記念へ向かいたい」と、橋口調教師も力が入る。昨年の安田記念は賞金順で次点に甘んじて無念の除外。ベスト舞台のGIで主役を張るためには負けられない。(夕刊フジ)

★東京新聞杯の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら

★「あの馬の関西遠征は…」など馬券につながる情報ばかり
 サンスポ予想王TVが提供するスペシャルアイテム「リアルタイム情報」