ボート:ニュースボート

2021.10.13 04:57

【児島キングカップ】浜先真範がゆかりの水面でGI初優出狙う

浜先真範

浜先真範【拡大】

 記念に残るシリーズを、さらに思い出深いものにしてみせる。デビュー初となるGIファイナルの晴れ舞台を目指し、浜先が全力で第二関門を突破する。

 「変わらずレース足がいい感じ。伸びは(トップ級の)佐藤さんの方が上だけど、自分の伸びも悪くないですからね」

 予選ラストの4日目5Rは絶好枠を生かせず4着も、序盤の貯金が効いてGIでは初となる予選突破に成功。62号機は前検時点で2連対率29・3%の凡機ながら、「トータルで見たら中堅上位はあります」と、数字以上の足色に仕上げて胸を張る。支部は広島だが、デビュー戦に初1着、そして初日にGI水神祭を挙げたのがこの児島。ゆかりの深い水面で、次はGI初優出を目指す。

 「F持ちで速いスタートはいけないけど、しっかり展開を突けたらアウトでもチャンスは十分でしょう」

 準優10Rは5号艇だが、パワフルな実戦足があれば問題なし。1マークの間隙を鋭く割って、経験したことのないステージに足を踏み入れる。(倉橋智宏)