ボート:ニュースボート

2021.9.19 04:58

【大渦大賞】前回覇者の岡崎が準優絶好枠獲りへ気合

岡崎恭裕

岡崎恭裕【拡大】

 大会連覇へ機力は整った。新型コロナ感染者が出た影響で、1日順延となった鳴門ボート開設68周年記念「GI大渦大賞」は19日、予選最終日を迎える。前回67周年覇者の岡崎恭裕(福岡)は、17日の3日目7Rで2コースから2着。「2マークは失敗したけど、めちゃくちゃ伸びる」。道中で逆転を許したレース内容を反省する一方で28号機のパワーを絶賛する。初日ドリーム戦後はゼロ台3連発のスタートに関しても「バッチリ」と自信満々。得点率は9位タイで準優進出へは19日の4、8Rで7点でOKだが、見据える先はもちろん絶好枠獲得だ。