ボート:ニュースボート

2021.7.20 04:58

【オーシャンカップ】小野生奈が女子初SG制覇へ好発進決める

小野生奈

小野生奈【拡大】

 走り慣れた地元で飛躍を遂げる。芦屋ボートの「SG第26回オーシャンカップ」は20日に開幕。小野生奈(福岡)は今年2回目のVを飾った前節の尼崎ヴィーナスシリーズを含めて4場所連続で優出中。勢いを加速させて21回目のSGに挑む。

 当地では2008年11月にプロデビューを果たし、10年5月に初勝利。そして17年8月のレディースチャンピオンでGI初Vを飾ると、今年2月のGIIレディースオールスターも優勝。「思い入れの強い水面」で実力を存分に発揮している。

 19日の前検では3節使用して2優出と素性のいい62号機をゲットして、前検練習では軽快な行き足でアピール。「もっと伸びに寄せて足にメリハリをつけたい」と、果敢な攻撃の威力を増すために特徴を出していく構えだ。

 SGでは4回の準優進出の実績があり、そのうち3着が2回。強豪相手でも見せ場を作れる実力はあるだけに、女子3人目のSG優出、そして女子初のSG制覇という大仕事を成し遂げる可能性は十分にある。初日2、6Rは4、6枠で登場。幸先のいい滑り出しを狙って度胸満点の速攻を仕掛ける。