ボート:ニュースボート

2021.3.19 05:00

【水上の女神~レーサーの素顔(223)】福山恵里奈

福山恵里奈

福山恵里奈【拡大】

 中学ではハンドボール、高校ではソフトボール、そして大学では軟式野球と学生時代は球技に打ち込んできた福山。高校野球ファンということもあって、大学では「楽しそうだなと思って」と甲子園球場でアルバイトをするほどの“球技好き女子”だ。

 そんな福山が選手を目指すきっかけになったのが、ボートレーサー養成所での訓練生の様子をテレビで見たこと。

 「普通の会社に就職するのは違うなと考えていて、スポーツ関係の仕事を探していたんです。テレビで見て今からでも目指せるのかなと思って受験したら、1回目で合格しました」

 第126期生として養成所に入所。「(訓練の)一年間が長かったですね。同期の女子5人で励まし合いながら頑張りました」と厳しい訓練を仲間と乗り越えて、2020年5月に徳山でデビューを果たした。

 「レースは難しいです。全然うまくいっていない。1マークでうまく前に出られたとしても、道中で簡単に抜かれてしまうんです」

 先輩たちとの実力の差を痛感しながらも、「スタートは安定してきたかな」と手応えは徐々につかんできたようだ。今は前節の戸田でのフライングで無理な仕掛けはできないが、スタートが今後の武器になる可能性は十分にある。

 「将来的にはスピードあるレースができるようになりたいですね」

 念願のデビュー初勝利とその後の大きな飛躍を夢見て、切れ味鋭いターンの習得を目指す。(立山友基)

 =次回は4月2日に掲載

■福山恵里奈(ふくやま・えりな) 1996(平成8)年4月8日生まれ、24歳。山口県出身。126期として2020年5月に徳山でデビュー。趣味はショッピング。好きな食べ物は肉、小籠包(しょうろんぽう)、クレームブリュレ。現在は徳山一般戦に出場中。157センチ、47キロ。血液型A。