ボート:ニュースボート

2020.11.20 16:32

津『ツッキー王座決定戦』原田幸哉が逆転で今年2回目のGI制覇

『GIツッキー王座決定戦』を逆転で勝利し、今年2回目、通算16回目のGI優勝を決めた原田幸哉

『GIツッキー王座決定戦』を逆転で勝利し、今年2回目、通算16回目のGI優勝を決めた原田幸哉【拡大】

 津ボートの開設68周年記念「GIツッキー王座決定戦」は20日、第12Rで優勝戦が行われ、原田幸哉(45)=長崎=が逆転勝利。9月の高松宮記念に続き今年2回目、通算16回目のGI優勝を決めた(通算87V、SG3V)。2着は平本、3着は岩瀬で決着した。

 ◇

 タイトル名を一新して迎えた68回目の周年優勝戦は絶好枠で出場した原田が平本を1周2マークで差し返す逆転勝ちで幕を閉じた。

 「1マークは5番(平本)のスピードがすごかったけど、2マークは自分もいいターンができて、そこからは足で取り返せた。逃げることはできなかったけど結果、勝つことができたことが大きい。これまで課題だった勝負強さを取り戻せたと思います」

 同じく予選をトップ通過しながら準優で敗退した10月のまるがめ68周年の苦い記憶を払拭。喜びとともに安堵の笑みがこぼれた。

 恩返しVでもある。津で生まれ、2歳まで育った。そしてボート選手になるきっかけを作ってくれたのが、今年始めに亡くなった津在住だったおじ。それだけに「やっといい報告ができます」と墓前に最高の結果を伝えにいくつもりだ。

 優勝賞金1000万円を獲得して賞金ランクは21位まで急浮上。次節・SG蒲郡チャレンジカップ(24日~29日)へ最高の弾みをつけた。

 「まだ圏外ですけど、この勝ちで、気持ち的には余裕を持っていけると思います。グランプリ出場だけを目指して、チャレンジ精神全開で頑張りたいです」

 3年ぶり6回目のグランプリ出場へ、次はデビューの地でもある蒲郡で結果を出す。(井置浩二)