ボート:ニュースボート

2020.1.17 04:58

【水上の女神~レーサーの素顔(195)】竹井奈美 

竹井奈美

竹井奈美【拡大】

 ベテランから若手まで全体的にレベルアップしている女子戦線で、毎年のように好成績を残すのは容易ではない。福岡の女子の中心選手として活躍する竹井も昨年は苦戦を強いられた。

 「パッとしない一年。優勝もしていないし…」と振り返るように2019年は7優出0V。年末の徳山クイーンズクライマックスはシリーズ戦回りとなった。

 「エンジン出しが課題。思い切って攻めるために乗りやすさは必要だけど、足も仕上げられないと駄目」

 足が劣勢では持ち味の豪快な全速ターンも威力が半減する。現在のボート界において、常に中堅以上の足に仕上げられる調整、整備力は必要不可欠だ。

 思った走りができずに苦しむ竹井にとって力になったのは、水上で実力を磨き合う先輩の存在だった。

 「昨年12月の戸田もそうですが、最近は魚谷(香織)さんといろいろ話しています。戸田は魚谷さんもエンジンが仕上がらずに苦労していて。それでも頑張っている姿を見て、自分も守りに入っては駄目だなと思いました」

 どんなときでも前向きに戦う魚谷の姿が、何よりの発奮材料になったようだ。

 「まずは久しぶりに優勝できるように頑張りたい。そのためにも技術を磨きつつ、目の前のレースを楽しめるようになりたいです」

 今年もさまざまな角度から挑戦を続けて、念願のGI初V、そして年末の浜名湖クイーンズC出場を目指す。   (立山友基)

 =次回は2月7日に掲載

 ■竹井 奈美(たけい・なみ)1989(平成元)年7月31日生まれ、30歳。福岡県出身。2009年3月に第104期生として選手登録。弟の貴史(28)も111期のボートレーサー。趣味は旅行、ドライブ。好きな食べ物はアイスクリーム、フルーツ。22日に開幕するとこなめオールレディースに出場予定。152センチ、47キロ。血液型A。