ボート:ニュースボート

2019.12.20 04:57

【水上の女神~レーサーの素顔(193)】吉田杏美

吉田杏美

吉田杏美【拡大】

 今年5月の戸田でデビューを果たした吉田。今月の戸田ヴィーナスシリーズでは道中で競り負けることが多かったものの、大外からしっかりとスタートを決めており、ジワジワとではあるが成長の跡が見られた。

 吉田がピットで着用していたTシャツには『UWBLS』と書かれている。

 「選手になる前に勤めていた会社(アップウインドボートライセンススクール)のものです。そこの社長に勧められて、ボートレーサーを目指しました」

 2度目の受験で合格し、第124期生としてボートレーサー養成所に入所。無事に訓練を修了して勝負の世界に足を踏み入れたが、「やっぱりボートレースは奥深いですね」と厳しさを痛感している。

 「スタートもターンも、簡単にはできない。ペラを叩いたり整備をしてちゃんと足を仕上げないと、いいスタートやターンはできないんですよね…」

 水上で戦っていくためには操縦技術の向上だけでなく、思い通りの足に仕上げるための調整、整備力も必要だ。まだキャリアの浅い吉田にとって、現状の大きな課題といえるだろう。

 それでも、デビューから7カ月が経過して「スタートはだいぶ安定して行けるようになったかな」と手応えも感じつつある。

 「いつかはどこからでも勝てる選手になりたい」

 ファンの期待に応えるレーサーを目標に、まずはデビュー初勝利を目指して努力を続けていく。(立山友基)

 =次回は1月3日に掲載

 ■吉田 杏美(よしだ・あみ)1994(平成6)年11月15日生まれ、25歳。埼玉県出身。2019年3月に第124期生として選手登録。趣味はスノーボード、水上バイク。好きな食べ物はシュークリーム、オムライス、すし。1月5日開幕の大村・特別ヴィーナスシリーズ第2戦に出場予定。166センチ、49キロ。血液型A。