【22日飯塚7R】ゆうじ散歩

2021.7.22 04:55

 10メートルオープンで行われた初日1Rでは、飯塚の33期生・木山優輝が1枠からトップで飛び出したものの4着に敗れた。

 「いいスタートが切れました。ただ、跳ねはなかったけど、滑りがあってペースを上げることができなかった。いいタイヤを探したいですね」と足回りに課題を残している。

 エンジンに関して聞くと、「前節のミッドナイトが良くなかったので、ヘッド回りとキャブを調整しました。乗り味が良くなったし、エンジンはいいほうに向いたと思います」とマシンには手応えを得た様子だ。

 「もう少し底上げをさせたいので、走る時間帯に合わせて、リング交換を視野に入れつつセッティングは考えます」と部品交換を検討している。

 「スタートは切れているし、エンジンも上向いてきた。あとはいいタイヤを見つけるだけ。地元だし、最低でも準決勝に進めるように頑張ります!!」と意欲は満々だ。

 2日目は7Rに出走するが、再び10メートルオープンの1枠に組まれた。飛び出しには自信あり。先手を取って見せ場を作る。

閉じる