オート:ニュースオート

2021.7.11 22:00

【小林啓二杯】岩科鮮太が通算2度目のGII制覇

通算2度目のGII制覇を果たした岩科鮮太

通算2度目のGII制覇を果たした岩科鮮太【拡大】

 山陽オートの『GII山陽王座チャレンジカップ』は11日、第12Rで優勝戦(1着賞金160万円)が行われ、岩科鮮太(41)=浜松29期=が優勝。大会初Vを飾るとともに、通算2度目のGII制覇を果たした。2着には早船歩が入り、1番人気の鈴木圭一郎は、ゴール直前で渡辺篤を強襲するも3着に敗れた。

 ◇

 11R発走直前に雨が降り出し、湿走路で行われた10メートルオープンの優勝戦。2番手で飛び出した岩科が、2周4角で早船をかわして独走でゴールを駆け抜けた。「(田中)茂さんのアドバイスで、直前に雨タイヤに換えたことが正解でした。先頭に立ってからも音が聞こえている感じがしていたので必死でした。勝ててうれしい!!」と整備グループの先輩に感謝の言葉を述べて、喜びを爆発させた。

 「ずっと最高ハンデで戦えるように頑張りたい」と短い言葉に闘志を込めた岩科が、これからもマイペースで白星を積み重ねる。(佐藤雄二)