オート:ニュースオート

2021.6.11 04:54

【11日飯塚5R】ゆうじ散歩

青島正樹

青島正樹【拡大】

 2日目1Rは、走路温度59度の熱走路の中で、最後方から着実に追い上げた浜松の22期生・青島正樹が白星を挙げた。

 「スタートが切れずに8番手からになったので駄目だと思った。でも、滑りがひどかった初日と同じタイヤだったけど、エンジンのセッティングを変えたらレース足が出て、初日よりも滑りを感じなかった」。整備が功を奏して、初日の7着から巻き返しに成功。「初日が良くなかったから、ピストンでも交換しようと思って準備はしていたけど、動いてくれたので。」とマシンに合格点を与え、作業はひとまずストップした。

 3日目に向けては、「熱走路しか走っていないので、時間帯が変わってどうなるかですね。まあ、天候を見て整備は考えますよ」とベテランらしく落ち着いた口ぶり。「スタートの切れが良くないので、クラッチの部品を換えてみます」と飛び出しに磨きをかける構えだった。

 3日目は5R・準々決勝Bに出走。本来の鋭いダッシュを繰り出し、準決勝進出にターゲットを定める。

佐藤雄二(さとう・ゆうじ) オート担当

プロフィル

サンケイスポーツ所属。東京都出身、B型。若き日はオートレーサーを志し受験を重ねたが、夢破れてオート専門紙へ。23年あまりの記者生活を経て、2020年4月にサンスポへ移籍。幼いころから培ったマシンを見る眼と丁寧な取材に裏打ちされた予想で、サンスポオート紙面に革命を起こす。