オート:ニュースオート

2021.4.29 21:30

【川口オールスター】鈴木圭一郎が9度目のSG制覇

通算では9度目となるSG制覇を飾った鈴木圭一郎

通算では9度目となるSG制覇を飾った鈴木圭一郎【拡大】

 川口オートの『SG第40回オールスター・オートレース』は29日の第12Rで湿走路の中、優勝戦が争われ、4周3角で先頭に立った鈴木圭一郎(26)=浜松32期=が圧勝。2017年以来、大会2度目のV&通算9度目のSG制覇を達成し、賞金1300万円と年末に当地で開催される『スーパースター王座決定戦』トライアルの出場権を獲得した。終盤に追い上げた青山周平が2着、地元のホープ・黒川京介が3着。SG史上初めて2人が勝ち上がった女子レーサーは、佐藤摩弥が4着、岡谷美由紀は8着に敗れた。

 ◇

 あいにくの空模様ながら、午後1時50分に5000人の入場制限に到達した川口オート。史上初めて女子2人が優出を果たしたファイナルだったが、制したのは鈴木圭だった。

 降りしきる雨の中、3番手で発進。トップSから逃げた佐藤摩を4周3角でまくって先頭に立つと、後続を寄せ付けず、独走で歓喜のゴールを駆け抜けた。

 「試走から滑っていたけど、タイムが出ていたので、自信を持ってレースにいきました。摩弥さんのインが堅くて行けそうになかったので、外から思い切って行った。先頭に立ってからも余裕がなかったので、最後まで全力を出し切りました。ゴールしたときは、ホッとしたのと同時にうれしかった」

 近況はスタートに悩んでいたが、ここ一番でしっかり決めてきた。昨年は11月の当地・日本選手権ファイナルで落車するなど、SG戦線で苦い経験をしたが、それでも諦めることなく整備に打ち込んだ。常に上を目指す姿勢は変わらない。

 2月に地元の浜松で行われた全日本選抜で準V。そして今大会を制し、完全復活の日は近い。

 「(SGを)なかなか取れそうで取れなかったし、きょう勝ててすごくうれしい。でも、準決勝が2着だったから95点です(笑)。これからもファンの期待に応えられるように、一生懸命頑張ります」

 勢いをつけた圭一郎が、これからも大好きなオートレースと向かい合う。(佐藤雄二)