オート:ニュースオート

2021.2.23 09:00

【23日浜松12R】本紙の見解&選手コメント

鈴木圭一郎

鈴木圭一郎【拡大】

 《優勝戦》ともに4連勝で勝ち上がってきた鈴木圭と青山に、準決で好時計をマークした荒尾を加えた三つどもえの様相。本命にはイン有利に先行できそうな鈴木圭を推す。

 準決勝11Rはぶっちぎりとはいかなかったものの、最終周回で中村雅をきっちり捕らえて1着。「音が良くないし、Sも持っていかない」と仕上がりには不満顔だが、「メタルを交換してピストンを換えれば、良くなるはず」と整備の方向性はつかめている。

 前人未到の大会V5に「できたらいいですね」と色気は十分。前節の飯塚GI優勝戦(4着)でのFもあり、今節はスタートのタイミングこそ慎重だったが、1枠を選択した大一番では張り込んでくるはずだ。準々決勝で破格の3秒335をマークした機力が戻ってハイペースに持ち込めば、ライバルたちの追撃は届かない。

 好位から逆転を狙う青山と荒尾も首位争い。準決の追い足が光った木村も連対候補だ。

〔1〕鈴木圭「エンジンは下降気味で、タイヤに助けられた。ベースはいいので、レース足を求めてメタルとピストンを換える」
〔2〕青山「下回りの整備をして車は良くなったけど、跳ねがひどい。ペースを上げられるように、足回りを重点的に整備する」
〔3〕荒尾「試走からいい感じだったし、Sも切れた。でも、上には上がいるし、下回りの整備をするか迷う。タイヤはいい」
〔4〕伊藤「4日間の中では一番だけど、いいときと比べると7、8割。10割に近づけられるように、セットを合わせたい」
〔5〕木村「目いっぱいではなかったけど、優勝するには全体的にパワーアップさせたい。調整を煮詰める。Sは切れている」
〔6〕佐々木「道中は余裕があったけど、滑りそうだった。良かった2日目のタイヤに戻して、夕方練習をしてから整備を考える」
〔7〕中村雅「突っ込みで暴れるし、跳ねが解消しない。車は伸びはいいけど、トルク不足。Sはいいので、セットを合わせる」
〔8〕若井「いいSが切れた。車は3日目よりいいけど、優勝戦ではレベルが違う。同期に聞きながら少しでも良くしたい」