オート:ニュースオート

2020.10.25 05:00

【25日川口6R】ゆうじ散歩

岡松忠

岡松忠【拡大】

 2日目2Rでは山陽の17期生・岡松忠が6周3角で本田仁恵を抜き去り、通算962勝目を挙げた。

 「前回の浜松では3日間ともに雨。川口でも初日が雨で、晴れでレースをするのは久しぶりだった。前々回の浜松で下回りの部品を換えたんだけど、全体的に悪くはない。でも日が差すと滑りがひどいね。直線で滑りよった」と苦笑い。

 現状の課題について「夏場にフロント病になってしまい、車を抑えられないから思い切って突っ込めなくなっている」と分析したうえで、「ウインタータイヤをはいたりして、だいぶ良くはなったけど、まだ気持ち良く乗れんね。もう少しフォーク回りの調整をしてみる」と対策を練る。

 最終日に向けての作業は、「エンジン的には、もう少し上がありそうな感じがする。手前はいいけど、中間から先が出てくれれば。まあ、キャブを調整してみますよ」と上積みを狙って整備に励む。

 「冬場は良かったけど、夏場に調子を崩して、今年は選手権には出れない。でも、与えられたレースで頑張るだけです」と力強く語った。

 きょう最終日は6Rに出走。ベテランが巧腕を駆使して連勝で締める。

佐藤雄二(さとう・ゆうじ) オート担当

プロフィル

サンケイスポーツ所属。東京都出身、B型。若き日はオートレーサーを志し受験を重ねたが、夢破れてオート専門紙へ。23年あまりの記者生活を経て、2020年4月にサンスポへ移籍。幼いころから培ったマシンを見る眼と丁寧な取材に裏打ちされた予想で、サンスポオート紙面に革命を起こす。