オート:ニュースオート

2020.10.24 05:00

【24日川口10R】ゆうじ散歩

斎藤撤二

斎藤撤二【拡大】

 初日の3Rでは2周3角で先頭に立つ素早い仕掛けで押し切った川口の25期生・斎藤撤二。得意の湿走路で圧勝したが、マシンの手応えを聞くと表情がさえない。

 「前回の最終日が跳ねたので、タイヤを反対面にしたんです。それでも跳ねましたね。消音マフラーだったのが原因かと思っていたけど、今回の通常マフラーでも跳ねたし、症状が変わらなかった。タイヤ自体にも問題があるんですかね」

 勝ったものの、足回りに違和感があるようだ。マシンの状態&整備の方向性について聞くと「エンジンは特別良くはない。これからクランクを交換します。自分の持っている中では一番いいやつですよ」とエンジンの心臓部に手を入れる構え。「冷えたときに実績がある部品なので、今後を見据えて整備します」。寒くなる気候を見越して、整備に着手した。

 きょうは準決勝・10Rに出走。マシンに大幅なテコ入れを施して、今年2度目の優出を目指す。

佐藤雄二(さとう・ゆうじ) オート担当

プロフィル

サンケイスポーツ所属。東京都出身、B型。若き日はオートレーサーを志し受験を重ねたが、夢破れてオート専門紙へ。23年あまりの記者生活を経て、2020年4月にサンスポへ移籍。幼いころから培ったマシンを見る眼と丁寧な取材に裏打ちされた予想で、サンスポオート紙面に革命を起こす。