【スパーキングサマーC】ロイヤルパンプの重賞初Vに期待

2019.8.22 04:57更新

 《本紙の狙い》ロイヤルパンプの重賞初制覇に期待する。JRA準オープンを勝ち、仁川Sでも0秒5差の5着がある力量馬。2走前のオープンで7馬身差の圧勝、前走のSIIIでも4着に逃げ粘ったように、徐々に本来の走りを取り戻してきた印象だ。砂をかぶらず走れれば力を発揮でき、最内枠で逃げるしかなかった前走よりも競馬はしやすいはず。ゲンのいい舞台だけに、巻き返しの期待は十分だ。

 相手の筆頭はセンチュリオン。久々のマイル戦への対応が鍵を握るが、マーチS制覇、大井記念2着からも地力は一枚上。スローの決め手勝負をクビ差2着した前走の内容も良く、引き続き好勝負になる。小差2着に押し上げた川崎マイラーズが印象に残るトロヴァオにも注意。