【2日取手10R】「差し切り」~河野通孝

2019.6.2 04:58更新

河野通孝

 「必死でした。吉沢君が早めの先行になったので。それでも、けっこう踏み上がっていましたし。誰もまくっては来ないだろう…とは思いました。展開がよかった。恵まれましたね。最近は地元だからと緊張することもなかったけど、なぜか今回は緊張しました。次(二次予選A)は吉田拓矢と一緒だといいですね」

 宮本克美(みやもと・かつみ) 競輪担当

プロフィル

サンスポで競輪を担当して20年。選手の本音と車券に直結するコメントを提供すべく、検車場を徘徊中。「番手まくり」は大好物だが、本線崩しの「イン粘り」を愛する無情派