【京都大賞典】キセキ坂路でクビ差先着12秒5

2021.10.6 10:49更新

キセキ=栗東トレセン(撮影・安部光翁)

 宝塚記念5着以来のキセキは、栗東坂路でワイドファラオと併せて4ハロン52秒8、ラスト1ハロン12秒5。クビ先着した。

 「中間はしっかりと負荷をかけてきた。帰厩直後は馬体に緩みがあったが、ここへきて引き締まっている。4角で置かれ気味になるのをどうカバーするかだね」と、辻野調教師は課題をあげた。(夕刊フジ)

★京都大賞典の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載