コントレイルJC参戦!デアリングと無敗3冠馬決戦へ

2020.11.6 05:01更新

無敗3冠馬コントレイルのジャパンC参戦が決定し、やはり無敗の3冠牝馬デアリングタクトとの対決が実現。目が離せない夢の一戦となる

 菊花賞で史上3頭目となる無敗のクラシック3冠馬となったコントレイル(栗東・矢作芳人厩舎、牡3歳)の、ジャパンC(29日、東京、GI、芝2400メートル)への参戦が5日、正式決定した。すでに挑戦を表明している史上初の無敗3冠牝馬デアリングタクト(栗東・杉山晴紀厩舎、牝3歳)との無敗3冠馬対決が実現。ファンの夢を乗せた、空前絶後のドリームレースとなる。

 ◇

 競馬ファンの夢が、現実となる。11月29日、東京競馬場で空前絶後の“牡牝無敗3冠馬対決”が見られる-。菊花賞で史上3頭目となる無敗のクラシック3冠を達成したコントレイルが、引き続き福永騎手とのコンビでジャパンCへ参戦することが正式に決定。放牧先の鳥取県・大山ヒルズで愛馬をチェックした矢作調教師が明らかにした。

 「体の張りもいいし、完全に回復していました。回復力の早さがすごいなと思ったし、きょう見た限りでは何の心配もありませんでした」

 現地を訪れていた生産牧場・(株)ノースヒルズの前田幸治代表と協議し、ゴーサインが出た。菊花賞は2着アリストテレスと直線で400メートルに渡る追い比べの末、クビ差での勝利。「今までで一番(ハードに)走ったので、心臓に多少の疲れがある」と語ったように、激戦での疲労が心配された。しかし、10月29日に放牧に出てから驚異的な回復力を発揮。「脚元の痛み、筋肉の痛みというのがなかったのが何より。カイバも食べていて、体も戻っています」と指揮官は目を細めた。

 参戦へ、もう1つの決め手となったのが同世代の無敗3冠牝馬の存在だ。「デアリングタクトも出てくるということでファンの盛り上がり、競馬としての盛り上がりを考えても、オーナー(サイド)と相談して、そういう決断に至りました」と経緯を伝えた。

 10月28日に、ひと足先に参戦を表明していたデアリングタクトの杉山晴調教師は、一報を受けて「ファンも楽しみにしていますし、僕自身も楽しみです。無敗馬同士で注目されると思うし、それに恥じないようにいいコンディションでレースに出られるようにしたいです」と抱負を口にした。

 コントレイルは12日に帰厩する予定。「ただ、今後も少しでも嫌なところがあれば、すぐにでもやめる決断はするつもりです」と、矢作調教師は馬の体調を最優先に慎重に進めていく構えだ。

 中央競馬史上初となる無敗の3冠馬対決。さらに、気になるのが一昨年の3冠牝馬で、1日の天皇賞・秋で史上初の芝GI8勝を成し遂げたアーモンドアイの存在だ。現時点で次走は決定していないが、体調次第で出走してくる可能性もゼロではない。もし参戦がかなえば、3冠馬3頭による世紀の対決ともなる。

 さながら年度代表馬決定戦ともなった今年のジャパンC。晩秋の府中で3冠馬の意地と意地が激突し、新たな伝説が生まれるに違いない。(斉藤弘樹)

 ◆デアリングタクトを所有する岡田スタッドグループの岡田牧雄代表「コントレイルが参戦を表明してくれて、すごくうれしく思います。これでアーモンドアイも出てくれれば最高ですね。秋華賞も菊花賞も馬券の売り上げは(前年比)大幅プラスでしたし、ジャパンCも大いに期待できるでしょう。これでますます競馬が盛り上がってくれればいいですね」

★3冠馬と3冠牝馬の直接対決は過去1度…中央競馬の長い歴史において、3冠馬と3冠牝馬の直接対決は1度しかない。2012年のジャパンCで、前年の3冠馬オルフェーヴルとその年の3冠牝馬ジェンティルドンナが激突。直線は2頭が馬体を併せて激しい攻防を繰り広げ、ジェンティルドンナがハナ差で勝利した。

 牡馬同士では、1983年の3冠馬ミスターシービーと84年の3冠馬シンボリルドルフが3度対戦。84年ジャパンCでルドルフ3着、シービー10着。同年有馬記念ではルドルフ1着、シービー3着。85年天皇賞・春ではルドルフ1着、シービー5着だった。

 なお、米国では77年の3冠馬シアトルスルーと78年の3冠馬アファームドが78年のGIマールボロCで対決した例があり、このときはシアトルスルーが勝利した。

★デアリング&アーモンド近況…デアリングタクトは4日に放牧先の宇治田原優駿ステーブル(京都府)から滋賀・栗東トレセンに帰厩。5日は坂路を4ハロン71秒9で駆け上がった。「放牧先でも問題なかったし、いい状態で出られそうです」と杉山晴調教師。ジャパンCの鞍上は、5戦全てで手綱を取ってきた松山騎手。

 アーモンドアイは4日に福島・ノーザンファーム天栄へ放牧に出された。登録している香港C(12月13日、シャティン、GI、芝2000メートル)の招待状が5日に届いたが、受諾するかどうかも含め、今後については未定となっている。

★サートゥルなどGI馬が多数参戦…3冠馬2頭の他にも、サートゥルナーリア(皐月賞など)、キセキ(菊花賞)、マカヒキ(日本ダービー)、ワールドプレミア(菊花賞)、グローリーヴェイズ(香港ヴァーズ)といったGI馬が参戦を表明し、昨年2着のカレンブーケドールなども出走予定。また、フランスのGI勝ち馬ウェイトゥパリスも招待を受諾し、2年ぶりに外国馬も参戦する。超豪華メンバーとなるが、3歳馬は斤量面で有利で、4歳以上の牡馬が57キロ(牝馬55キロ)を背負うのに対し、コントレイルは55キロ、デアリングタクトは53キロで出走可能。アーモンドアイの動向にもよるが、3冠馬2頭の一騎打ちとなっても不思議はない。

★コントレイルがの競走成績はこちら

★デアリングタクトの競走成績はこちら