【CBC賞】アレスバローズ、角田師「この時期はいい」

2019.6.26 05:03更新

アレスバローズ

 〈栗東トレセン〉

 アレスバローズは昨夏、このレースと北九州記念を制し、サマースプリント王者に輝いた。前走の高松宮記念は9着も、3コーナー手前で他馬に寄られる不利があり度外視できる。「この時期はいいし、調教でもしまい11秒台を連発するからね。あとは雨がどうか。本当に苦手なので」と角田調教師。

 〈美浦トレセン〉

 高松宮記念2着以来のセイウンコウセイは21日のWコースで6ハロン83秒7-12秒7と、実質的な追い切りをすませている。「気合も乗ってきたし、今週は木曜日に坂路でサラッと乗ればいい。中京はコース形態が合うようだし、ハンデも58・5キロまでと思っていたから」と上原調教師は58キロ克服へ手応え十分。

★CBC賞の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載