禁止薬物問題、再発防止策強化 JRA定例会見

2019.6.25 05:00更新

 JRAは24日、大阪市内で定例記者会見を開き、冒頭で後藤正幸理事長が禁止薬物混入飼料問題によって15、16日の開催で156頭もの競走除外馬が発生したことについて「ファンの皆さまに心配をおかけしたことをお詫びします。今後は再発防止を含め、鋭意、検討してまいります」と陳謝した。

 18日に『週末の出走予定馬365頭全頭が陰性』の検査結果を発表した際に理事長名でコメントを出したが、公の場で発言するのは騒動後初めて。禁止薬物『テオブロミン』の飼料への混入経路などに関しては検証中で、今月中をめどに再発防止策強化が講じられる見通しとなっている。