【新馬戦】阪神5R レッドベルジュール、競り合い制す

2019.6.24 05:02更新

レッドベルジュール

 2番人気のレッドベルジュール(栗・藤原英、牡、父ディープインパクト、母レッドファンタジア)が、2番手からメンバー最速の上がり3ハロン33秒8の末脚を発揮して、ゴール前の競り合いをクビ差で制した。福永騎手は「結構(調教を)やっていましたし、最後までしっかり走ってくれました。芝の実戦の方が、走りがいいですね。まだ粗削りですが、こういう状態で勝ったことに価値があります」と素質を評価。藤原英調教師は「今後はオーナーと相談してだけど、成長を促したらもっと良くなる。楽しみな馬」と語った。

★【阪神5R】払い戻し確定!! 全着順も掲載