【札幌記念】レースを終えて…関係者談話

2018.8.20 05:08更新

 ◆藤岡佑騎手(サウンズオブアース4着) 「体調が戻ればまだやれることは証明できた。正直、勝ちたかった」

 ◆丸山騎手(スティッフェリオ5着) 「ずっと右手前だったので、どこかで左手前に替えられればよかった」

 ◆吉田隼騎手(サクラアンプルール6着) 「1頭になるとフワフワしていた。もう少し仕掛けを遅らせてもよかったかな」

 ◆蛯名騎手(ゴーフォザサミット7着) 「手応えのわりに最後まで伸びている。いい経験になると思う」

 ◆勝浦騎手(クロコスミア8着) 「ムキにならず、リズムよく走れていた」

 ◆田中勝騎手(マイスタイル9着) 「(動くのが)結果的に早かったかな。最後は息切れしたよ」

 ◆池添騎手(ナイトオブナイツ10着) 「もう少し力をつけないと、このメンバーだと厳しい」

 ◆藤岡康騎手(アストラエンブレム11着) 「勝負どころでスムーズに押し上げられなかった」

 ◆三浦騎手(スズカデヴィアス12着) 「きょうの展開なら、しまいにかけた方がよかったかも」

 ◆菊沢師(ミッキースワロー13着) 「直線はすごく渋滞していたね。これも競馬だから仕方ない」

 ◆モレイラ騎手(ネオリアリズム14着) 「直線で狭くなったし、休み明けのぶんもあったかな」

 ◆柴田善騎手(マルターズアポジー15着) 「早めに来られたけど、競馬だから仕方ない」

 ◆国分恭騎手(アイトーン16着) 「古馬相手だと速い馬も多いので、距離を延ばした方がいい」

★19日札幌11R「札幌記念」の着順&払戻金はこちら