【2歳新馬】新潟5R ホウオウサーベルが人気に応えてV

2018.8.11 12:50更新

馬場の真ん中を力強く抜け出してデビュー勝ちを飾ったホウオウサーベル

 8月11日の新潟5R・2歳新馬(芝・外1800メートル)は、ミルコ・デムーロ騎手騎乗の1番人気ホウオウサーベル(牡、美浦・奥村武厩舎)が好位追走から直線馬場の真ん中を力強く抜け出してデビュー勝ち。タイムは1分48秒4(良)。

 3馬身半差の2着には逃げ粘ったマイネルエキサイト(10番人気)、さらに3/4馬身差遅れた3着に外めを伸びたサクラザチェンジ(5番人気)。

 ホウオウサーベルは、父ハーツクライ、母バランセラ、母の父アカテナンゴという血統。半姉ビッシュは2016年紫苑S・GIIIの勝ち馬で、オークス・GIは3着。母は2006年EPテイラーSなど北米GIで2着を3回。

 ◆ミルコ・デムーロ騎手(1着 ホウオウサーベル)「いい馬ですね。1頭になると寂しがって、ゲート入りも嫌がるようなところはありましたが、かなり能力のある馬です。これからもっと良くなるでしょう」

★11日新潟5R「2歳新馬」の着順&払戻金はこちら