豪州の若手アブドゥラ、短期免許で初来日

2018.6.29 05:00更新

 豪州の若手ブレントン・アブドゥラ騎手(27)が、短期免許を取得して8月4日から日本で騎乗することがわかった。28日に豪州競馬メディアが報じ、本人もツイッターで「短期免許でJRAで騎乗できることに興奮している」と書き込んだ。

 アブドゥラ騎手は2007年にデビュー。シドニー地区を拠点に活躍中で、ニューサウスウェールズ州では17/18シーズンに83勝を挙げてリーディング首位に立っている。GIは14年のライトニングSなど6勝。日本での騎乗は今回が初めてとなる。身元引受調教師は栗東・池江泰寿調教師となる見込み。