【CBC賞】追って一言

2018.6.28 05:06更新

 ◆アレスバローズ・角田師 「相変わらずけいこは動くね。いい感じ」

 ◆グレイトチャーター・野田助手 「動きは良かったですよ。しっかりと折り合いがついていた」

 ◆コウエイタケル・山内師 「走り慣れた1200メートルでハンデも54キロだから前進を期待」

 ◆スノードラゴン・高木調教師 「間隔は詰まるが、先週まで涼しかった分、調整は順調」

 ◆セカンドテーブル・吾郷厩務員 「前走と同じぐらいの状態で出せると思います」

 ◆ダイメイプリンセス・森田師 「いつも通り。体がしっかりして、体質が強くなってきたね」

 ◆トウショウピスト・角田師 「息遣いがいい。雰囲気は上々です。先行してどこまで」

 ◆トシザキミ・野田助手 「中1週ですが変わらず。しまいの感触をジョッキーに確認してもらい、いいと言ってもらった」

 ◆トーキングドラム・斎藤誠師 「前走は前が詰まる不利。稽古ではブリンカーの効果がてきめんだった」

 ◆ナガラフラワー・高橋亮師 「間隔があいているが、順調に追い切りをこなしている。仕上がりの難しい馬じゃないし、順調です」

 ◆ナリタスターワン・高橋亮師 「年齢的に大幅な良化はない。使っていった方がいい」

 ◆フミノムーン・西浦師 「体はできているから上がり重点。馬はいい感じ。前向きで仕上がりも早いからね」

 ◆ワンスインナムーン・斎藤誠師 「函館からの輸送もスムーズだったし、動きも上々。二の脚の速さを生かしたい」

★CBC賞の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載