【ドバイWC諸競走】サトノクラウンの鞍上はモレイラ騎手に決定

2018.3.20 20:06更新

ジョアン・モレイラ騎手

 ドバイ国際諸競走(31日、メイダン)参戦のため、美浦トレセンの検疫厩舎に入厩していたレイデオロ(美浦・藤沢和雄厩舎、牡4歳、出走レース=シーマクラシック)、サトノクラウン(美浦・堀宣行厩舎、牡6歳、同)、ネオリアリズム(同、牡7歳、ターフ)、ルッジェーロ(美浦・鹿戸雄一厩舎、牡3歳、UAEダービー)、マテラスカイ(栗東・森秀行厩舎、牡4歳、ゴールデンシャヒーン)の5頭が20日、13時20分成田発のEY9946便で現地に向けて出発した。

 なお、未定だったサトノクラウンの鞍上は、一昨年の香港ヴァーズ(1着)でコンビを組んだジョアン・モレイラ騎手(34)=香港所属・ブラジル出身=に決定したことが陣営から発表された。

★サトノクラウンの競走成績はこちら