勇退の二ノ宮師、“ラス闘”に5頭!

2018.2.23 05:03更新

二ノ宮敬宇調教師

 多くの一流馬を手がけた二ノ宮敬宇(よしたか)調教師(65)が今月いっぱいで勇退する。1990年に開業。JRA重賞はGI6勝を含む30勝。エルコンドルパサーとナカヤマフェスタで凱旋門賞2着がある。ラストウイークは土曜中山で3頭、日曜阪神で2頭が出走する。

 栗東では柴田光陽調教師(65)=栗東=が勇退。騎手、調教師として活躍した。思い出の馬は「(2001年の菊花賞2着)マイネルデスポットかな。一瞬夢を見たからね。何とかならなかったかな」と感慨深げに話した。