【めざせクラシック】グレイル、次走は2・11共同通信杯

2017.12.6 05:07更新

グレイル

 宇恵 新馬-京都2歳S連勝のグレイルの次走が決まりました。

 デスク スケールの大きな走りをするよな。

 宇恵 共同通信杯(2月11日、東京、GIII、芝1800メートル)から春のクラシックロードを目指します。「短期放牧から年末に帰厩させる見込み。いいお休みになるといいな。大事に育てていきたい」と野中調教師は話していました。

 デスク クラシックの登竜門で、どんな競馬をするか楽しみだな。

 宇恵 先週の中京で新馬戦(芝1400メートル)を勝ったミッキーワイルドは、クロッカスS(1月27日、東京、OP、芝1400メートル)からファルコンS(3月17日、中京、GIII、芝1400メートル)に向かいます。

 デスク 当面は7ハロン路線というわけか。

 宇恵 安田隆調教師も「いい勝ち方をしてくれました。まだでき上がっていない状態で、あの勝ち方ですからね。本当に先々まで楽しみになりましたよ」と声を弾ませていました。

 デスク 美浦からも頼む。

 柴田 3日の中山新馬戦(芝2000メートル)で大物感あふれる圧勝劇を演じたエリスライトですが、リフレッシュ放牧に出て年内は休養します。

 デスク 直線は持ったままで5馬身差をつけた良血馬か。

 柴田 久保田調教師は「7頭立てだからね」と謙遜していましたが、GI2勝馬マリアライトの全妹で期待が大きかったから、ホッとしたのも事実でしょう。次走は未定ですが、「2000メートルで使い出したように、桜花賞よりオークスの方が…というタイプなので、長めの距離を」と見通しを口にしていました。