【秋華賞】怪物ファンディーナ復活だ!ラスト12秒0

2017.10.11 10:53更新

ファンディーナ=栗東トレセン(撮影・安部光翁)

 軽かった1週前の修正か。坂路を中心に仕上げられてきたファンディーナは、最終チェックの舞台として栗東CWコースをチョイスした。

 角馬場で体をほぐし、岩田騎手を背にコースに入った。折り合いを確かめるように前半はゆったり進み、4F過ぎからペースアップ。ラスト1Fで気合が入り、12秒0でサッと駆け抜けた。

 「反応を確かめるというより、馬を動かして負担をかけた。動かし切るまではいってないけど、先週よりいいし、前走時とは全然違う。このひと追いで、どこまで変わるるか」とジョッキー。

 1番人気だったローズSが22キロ増。「成長分もあるけど、戻ってきたという感じ。馬体はそのまま中身だけ良くなってくれればいい。内回り2000メートルは合うと思うし、頑張ってほしい」。期待どおりの“変わり身”を見せての怪物復活を望んでいた。(夕刊フジ)

★秋華賞の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載