【独GI】ラカザーが4連勝でGI初制覇

2017.8.8 05:02更新

ドイツオークスはラカザーが快勝。シュタルケ騎手は同レース6度目のVに雄たけびを上げた(撮影・Kennosuke Sasaki)

 【デュッセルドルフ(ドイツ)6日】ドイツ版オークスの第159回ディアナ賞(GI、芝・右2200メートル)がデュッセルドルフ競馬場で16頭によって争われ、A・シュタルケ騎乗の2番人気ラカザー(ドイツ産、独=P・シールゲン、牝3、父アドラーフルク)が優勝した。

 タイム2分17秒45(良)。1着賞金30万ユーロ(約3930万円)。4戦目の未勝利戦から4連勝でのGI初制覇だった。11番人気メゲラが3/4馬身差の2着。仏GIマルセルブーサック賞の勝ち馬で、英国から遠征したウヘイダが1番人気で3着だった。

  • 関連ニュース