【ダービー】TIM、三段重で挑む池江泰寿師を直撃(後編)

2017.5.24 11:49更新

池江泰寿調教師を直撃したTIMのレッド吉田(右)とゴルゴ松本

 競馬の祭典「第84回日本ダービー」(28日、東京、GI、芝2400メートル)まであと4日。TIMのレッド吉田(51)&ゴルゴ松本(50)が、皐月賞1&2着馬など豪華3頭出しの池江泰寿調教師(48)を直撃する『ダービーBIG対談』後編は、夢の“ワンツースリー”の可能性に迫った。果たして、奇跡は起こるのか? (構成・内海裕介)

 ゴルゴ松本 池江センセイ、絶好調のアルアインにペルシアンナイト、それにサトノアーサーって、これまたすごいラインアップで。

 池江泰寿調教師 僕自身、わくわくゾクゾクですよ。3頭ともここを目指して頑張ってきたんで。ところで、おふたりの思い出のダービーは?

 ゴルゴ 最初にナマで観たのが90年、アイネスフウジンが勝った年です。

 池江 伝説の“ナカノコール”ですね。

 ゴルゴ 当時付き合ってた彼女と、隣に住んでたレッドと3人で競馬場に行ったんだけど、ものすごい人でね。4コーナーの端っこのほうで一生懸命、ハクタイセイ(5着)を応援してました。

 レッド吉田 僕の思い出は06年のメイショウサムソン。皐月賞の前に石橋守騎手(現調教師)と武豊騎手と飲む機会があって、ユタカさんが「メイショウサムソンは菊花賞勝つよ」と言ってて。で、気になって応援してたら、皐月賞とダービーで勝ちました(笑)。

 ゴルゴ 池江さんが最初に観たダービーは?

 池江 ハイセイコーがタケホープに負けた73年ですかね。あの年、ウチの親父(泰郎元調教師)が騎手として乗っていて。ボージェスト(27着)って馬で逃げてたはず。僕はまだ4歳でウチのテレビで観てたけど、ダービーが頂点なのは分かっていましたね。

 レッド その子供のころからのあこがれの舞台に、今年は豪華な三段重。皐月賞馬のアルアインは相当強かったけど、2着のペルシアンナイトもそれは惜しい競馬で。

 池江 もしアルアインがスムーズで先に先頭に立っていたら、逆にペルシアンが差していたかも。そんな競馬でしたね。ただ、道中で脚を使うキツい競馬だった分、アルアインより疲れを取るのに時間がかかった。レースまでにどれだけ回復するかですけど、だいぶ持ち直してます。

 ゴルゴ 戸崎騎手とは新コンビ。追い切りには乗りますか?

 池江 いや、美浦から呼ぶと交通費がかかる(笑)。それは冗談ですけど、調教はウチのスタッフに任せる予定です。3年連続のリーディングジョッキーだし、頼もしい。最後までうまいこと、余力を残して乗ってくれますから。

 レッド 僕はサトノアーサーが気になって仕方ないんですが。

 池江 ポテンシャルは抜けてます。調教でもアルアインを、もうコテンパンにやっつけちゃうんで。この馬はダービーだけ狙っていて、毎日杯(2着)で勝っていても、皐月賞を使うつもりはなかった。皐月賞があの競馬なら、使わなくて正解だったかな。

 ゴルゴ 鞍上は川田騎手。勝てばマカヒキに続くダービー連覇だ。

 池江 そこが逆に引っかかる、そんなうまくいくかいってね。これ、(川田)将雅が読んでたら叱られちゃうわ(笑)。本人は、「前走で折り合いには自信がついた」と言ってましたよ。

 レッド なんか、3頭で“ワンツースリー”もありそうですね。

 池江 いやいやいや。競馬はそんな簡単じゃない。これが18頭出していたら、自信があるんだけど(笑)。

 ゴルゴ ライバルとして気になる馬は?

 池江 皐月賞が終わって、まず思ったのは(5着の)レイデオロですね。それから、アドミラブルが青葉賞を強烈な競馬で勝った。あとスワーヴリチャードも東京だと違うでしょう。

 ゴルゴ でも、池江厩舎には他にはない皐月ワンツーの勢いがある。

 レッド そうそう。オルフェーヴルに続く2度目のダービートレーナー、いいじゃないですか。

 池江 そうですね。ダービージョッキーとかダービートレーナーとか、あの感じはきっと、なった人にしかわからない。あれはもう一度、味わいたいです。

 ゴルゴ また味わっちゃってくださいよ。

 レッド ほんでお祝いでいいとこ、行きましょう。

 池江 行きましょう。夕刊フジのおごりでね(笑)。

■池江泰寿(いけえ・やすとし) 1969年1月13日生まれ。滋賀県出身。京都・東山高校卒業で、TIM・レッド吉田の後輩にあたる。JRA通算553勝。今年は先週まで27勝で全国リーディング2位。JRA・GIは通算17勝で、ダービーは11年に3冠馬オルフェーヴルで優勝している。