【ダービー】レイデオロ・ルメール騎手に聞く

2017.5.24 11:28更新

 --けさの感触は

 クリストフ・ルメール騎手「バッチリ。道中でリラックスして直線では好反応。ちょうどいいコンディション」

 --皐月賞は5着

 「スタートで出遅れ、直線での反応も少し遅かった。でも、ラストの脚はかなり速く、ゴール後も止まっていない」

 --2歳時に比べて

 「昨年は返し馬で掛かったり、スタート前もテンションが高かった。今年は体が大きくなって、だいぶ大人になった」

 --皐月賞から距離は400メートル延びる

 「絶対にいける。府中の新馬戦でも気持ち良く走っていたし、左回りも問題ない」

 --Vの可能性は

 「2400メートルでもあの瞬発力を使える。今回はトップコンディションになるだろうから、ダービーでも自信はある」

 --自身の3週連続GI制覇もかかる

 「とてもいい気持ち。今週も勝てれば素晴らしい。世界中のどこでもダービーは一番大切なレース。昨年(サトノダイヤモンド)はハナ差で負けたけど、今年もチャンスがある。ガンバリマショウ」

★日本ダービーの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載