サンスポZBAT! ニュース詳細(ライト版)

“2強”が有馬以来の再対決!「天皇賞・春」大特集

2017.4.24 09:30更新

連覇を目指すキタサンブラックと有馬記念の再現を狙うサトノダイヤモンドの対決が最大の見所の天皇賞・春を大特集!

 好評発売中の週刊ギャロップ(サンケイスポーツ発行)は、天皇賞・春を大特集。連覇を目指すキタサンブラックと有馬記念の再現を狙うサトノダイヤモンドの対決が最大の見所です。ギャロップでは2強を徹底比較。世紀の対決はどちらが優位なのか、読者のみなさんが判断してください。長距離路線の実力馬シュヴァルグラン、前走重賞勝ちの上がり馬シャケトラなど伏兵陣もしっかりリポート。パーフェクトデータ、消去法大作戦、血統や最新ナマ情報など、馬券を検討をするうえで欠かせない情報はすべてお任せください。そして、頼りになるのが本誌が誇る強力な予想陣です。スペシャルウィークやアグネスデジタルなど多くの名馬を育てた白井寿昭元調教師と、マツリダゴッホやサウンドトゥルー生産者で「馬券のプロ」を自認する岡田牧雄氏が、独自の視点で重賞競走を攻略。白井氏が天皇賞、岡田氏が天皇賞と青葉賞を担当します。

 本屋賞作家・東川篤哉氏による「謎解きは天皇賞の前に’17春」も見逃せません。岡部幸雄氏による「皐月賞観戦記」も必読です。伏兵アルアインの勝因、ファンディーナの敗因に迫ります。

 浜中俊「これに俊(すぐる)話なし」、 「競馬は文化であり、スポーツである」をモットーに発行している競馬雑誌「ROUNDERS(ラウンダーズ)」の編集長、治郎丸敬之氏による「超・馬券のヒント」、柿沢未途議員の「競馬ファン代表質問!」なども好評連載中。

 異色馬主による連載エッセー「◯◯だけど馬主」は、アニメ脚本家だけど馬主の大和屋暁さんです。海外馬券発売レース・香港クイーンエリザベス2世Cの情報もフォローします。

 「WAJS」ではGIジョッキーになったばかりの松山弘平騎手を取り上げます。

 馬券派もロマン派も大満足の週刊ギャロップで、競馬をとことん楽しんでください。

 週刊ギャロップでは「丸ごとPOG 2017~18」を4月27日に発売します。注目の2歳馬情報をすべて網羅した最強のPOG読本で、定価は1650円(税込)です。サンスポe-shopで予約受付中です。

 「JRA重賞年鑑2016」、「21世紀の名馬」シリーズの創刊号「ゴールドシップ」、第2号「ブエナビスタ」、藤田菜七子騎手の魅力を伝える「丸ごと一冊 藤田菜七子」なども発売中です。

サンスポe-shopでは「JRA重賞年鑑2016」「ゴールドシップ」「丸ごと一冊 藤田菜七子」「有馬記念60年史」のほかにも「天皇賞全史」「さらばオル

フェーヴル」「おってけ!3ハロン(1)(2)(3)」「日本ダービー80年史」「さらば皇帝シンボリルドルフ」なども発売しています。(http://www.sanspo-eshop.com/ec/product/category/4

“いつでもどこでもギャロップが読める”電子雑誌版「週刊ギャロップ」も発売中。

巻頭特集、レースカラー速報、全成績&記録から次週の展望まで、一冊丸ごと読めるフル版です。PC、iPad、スマホ(iPhone、Android)、携帯電話対応で、一度購入した号は、さまざまな端末で読むことができます。お求めは、電子雑誌書店「マガストア」(http://www.magastore.jp/magazine/?code=weeklygallop)または、「富士山マガジン」(http://www.fujisan.co.jp/)へアクセスしてください 。