予想王TV ニュース詳細(ライト版)

【根岸S】データ解析

2014.1.28 05:05更新

  *過去10年が対象

 ◆OP実績重要 連対20頭中15頭にダートで重賞連対かオープン特別勝ちの実績。残る5頭中4頭は近2走以内に1着があった。

 ◆距離実績必要 勝ち馬8頭を含む連対13頭に、準オープン以上のダート1400メートルでV実績。残る7頭中、勝ち馬2頭を含む5頭は前走1着だった。距離実績に欠ける馬は勢いが不可欠。

 ◆コースV馬有利 連対12頭に東京ダートでVかGI3着以内歴。残る8頭中、6頭は東京ダート未経験で、例外の2頭もともに1度しか出走経験がなかった。未経験でもマイナスにはならないが、2度以上出走して良績がない馬は割り引き。

 ◆前走1着が理想 連対13頭の前走がダートで1着。2006、09、10年は前走1着馬が3着までを独占しながら、順に3連単5万、8万、15万円超の高配当となった。前走がGIや芝重賞なら4着以下からの巻き返しも可能だが、それ以外は厳しい。

 ◆中6週以内 連対16頭が中6週以内。残る4頭のうち、2頭は前走がオープンで1着、2頭はJCダートからの参戦だった。

 ◆58キロ以上不利 58キロ(牝馬56キロ)以上は【0・0・3・18】と不振。一昨年にフェブラリーSを勝ったテスタマッタも、58キロのここは3着に敗れた。

 ◆7歳以上苦戦 7歳以上は【10・4・4・5】で、唯一連対した06年リミットレスビッド(7歳)は前走が重賞で1着だった。

 

 ◇結論◇

 トップ評価はスノードラゴン。前走がオープン特別・ジャニュアリーS1着で、東京ダ1400メートルは2勝しており、コース実績も十分だ。ブライトラインは東京ダ1400メートル1戦1勝。前走4着だが、GI・JCダートなら悪くない。ノーザンリバーはOP特別、GIIIと連勝中で、勢いが魅力だ。(データ室)

★星TM推奨8番人気馬がV!パドック診断もあります!サンスポ予想王TVが提供するスペシャルアイテム「リアルタイム情報」

  • 関連ニュース