磯部誠が賞金ランク34位から18位へジャンプアップ

2020.9.24 21:00更新

ヤングダービーでGI初制覇を達成し、賞金ランキング34位から18位にジャンプアップした磯部誠

 22日に終了したびわこヤングダービーは“卒業組”の磯部誠が2コースから差し切り、GI初制覇を達成。賞金ランキングは開催前の34位から18位にジャンプアップした。

 今年のSGは宮島グランドチャンピオンを除く4大会に出場し、10月20日から開催される大村ボートレースダービーにもエントリー。11月には地元の蒲郡でチャレンジカップが開催されるだけに、意欲は高まるばかりだ。初のグランプリ出場へ着実に前進する。

 2014年の平和島グランプリ覇者で現在10位の茅原悠紀は、17日の児島一般戦初日で今期2本目のフライングを切り、蒲郡チャレンジカップ出場は不可能となってしまった。

 自身5度目となるグランプリ出場を確定させるためには、すでにあっせんが決定している29日開幕の地元・児島GI68周年記念、大村ダービーを含む5節が勝負。早いスタートは封印するが、調整力と機敏なハンドルワークをフル活用して賞金の上積みを図る。

 女子の賞金ランキングは、多摩川レディースチャンピオンVの平山智加を筆頭に大きな変動はない。その中で現在5位の平高奈菜に上昇の兆しが見える。

 6月の下関ヴィーナスシリーズ3日目のレース中に右腕骨折の重傷を負い長期離脱を余儀なくされたが、8月の多摩川レディースチャンピオンで復帰。今月の浜名湖ヴィーナスシリーズでベスト6入りを果たすなど、リズムアップは顕著だ。現在出場中の下関一般戦でも21日の初日に連勝の好発進を決めている。

 大村ダービーには女子でただ一人参戦。高額賞金のSGで活躍なれば、一気にランクアップも可能だ。(佐野友記)

●獲得賞金ランキング●

【全選手ベスト6】

 順   選手名  支部  獲得賞金額

(1) 峰  竜太 佐賀 1億1928万2000

(2) 吉川 元浩 兵庫 9311万 932

(3) 篠崎 仁志 福岡 8530万8333

(4) 寺田  祥 山口 8234万3000

(5) 菊地 孝平 静岡 7634万8000

(6) 白井 英治 山口 7532万1000

【女子ベスト6】

 順   選手名  支部  獲得賞金額

(1) 平山 智加 香川 3546万3666

(2) 守屋 美穂 岡山 3314万 666

(3) 小野 生奈 福岡 3173万8733

(4) 大山 千広 福岡 2959万0000

(5) 平高 奈菜 香川 2800万3000

(6) 香川 素子 滋賀 2387万8733

※23日午前11時現在。グランプリは上位18人、クイーンズクライマックスは上位12人が出場可能