桐生「GI赤城雷神杯」PR 31日から6日間

2019.5.28 15:52更新

ボートレース桐生のマスコットキャラクター・ドラキリュウ(右)とドラ恋ガール・りり

 31日から6月5日までの6日間、群馬県・ボートレース桐生で開催される開設63周年記念『GI赤城雷神杯』のPRのため、同レース場のマスコットキャラクター「ドラキリュウ」とドラ恋ガールのりり、関係者が28日、東京・大手町のサンケイスポーツ編集局を訪れた。

 SGオールスターを制しSG連勝と絶好調の吉川元浩をはじめ、地元の山崎智也や毒島誠、桐生順平、中島孝平、松井繁ら全国のトップレーサーが熱戦を繰り広げる。

 りりは「イベントもキッチンカーも盛りだくさんなのでぜひ来場して楽しんでください。私も毎日、ラウンドガールとして登場します。遠方の方は、キャンペーンも充実している電話投票でご参加ください」とPRした。

 ボートネットワーク事業部門の須藤満義取締役部長は「GI開催中含め、本年も乳がん検診の啓蒙(けいもう)を中心としたピンクリボン活動を応援していきます。レースともどもご注目ください。売り上げ目標は72億円です」と呼びかけた。