【オールスター】近況の好調選手

2019.5.19 11:00更新

 今年に入ってからの勝率ランク上位には、GIの優勝者が名を連ねた。なかでも3位の池田浩二は2月、そして4月のとこなめGIで連覇を達成。愛知支部のエースとして、改めて存在感を見せつけた。

 9度のSG制覇を数える強豪ではあるが、2013年12月の住之江グランプリ後はなかなか優勝に手が届いていない。勢いに乗って挑むオールスターでは、切れ味が増している快速ターンを駆使して、節目となる10度目のSGタイトル奪取を目指す。

 ランキング1位の峰竜太は1月の芦屋66周年記念で優勝。その後も3月の大村66周年記念から5場所連続で優出中と近況は絶好調。2位の白井英治も大村66周年記念を制して、3節前の徳山と2節前の下関で連続優勝を飾っている。前節の津66周年記念こそ途中帰郷となったが、今年もハイレベルな活躍を続けており、人気、実力ともに高い峰と白井はオールスターでも優勝候補の一角を占める。

 6位の馬場貴也は年始から3場所連続V。3月の福岡で4度目の優勝を飾ると、続く戸田クラシックで優出2着。近況も4月の児島から3場所連続で優出中と勢いは全く衰えない。昨年11月の芦屋チャレンジカップに次ぐ2度目のSG制覇を狙って、迫力満点の全速戦を繰り出す。(立山友基)

あすはドリーム組の近況

  今年の勝率ランキング

  順       出走       2連  優 優

  位  選手名  回数  勝率   対率  出 勝

 (1)峰  竜太106 8.86 73.5 9 4

 (2)白井 英治109 8.45 70.6 9 5

 (3)池田 浩二103 8.43 63.1 6 5

 (4)井口 佳典 90 8.34 62.2 8 3

 (5)桐生 順平 74 8.09 59.4 4 2

 (6)馬場 貴也133 7.98 68.4 9 5

 (7)山田 康二101 7.95 63.3 6 2

 (8)吉川 元浩113 7.92 57.5 5 3

 (9)岡崎 恭裕 90 7.76 56.6 6 2

(10)守田 俊介100 7.73 67.2 6 5

※1月1日~5月17日