【福岡オールスター】エンジン相場

2019.5.18 11:00更新

 福岡のエンジンは昨年7月から使用されており、各機の相場は明確になっている。

 2連対率ナンバーワンの『37号』は昨年末の益田啓司が優出2着、今年3月末の徳増秀樹は11戦オール連対で優勝と実力を存分に発揮した。2節前のGW開催でも瓜生正義が優出3着とまずまずの動きを見せており、数字通りの好素性機といえる。

 2位の『52号』は昨年末に松尾昂明が準優で3着に敗れはしたものの、節間は6勝を含めてオール3連対と安定した走りを披露。今年4月の柳生泰二も得意の速攻を駆使して優出6着と見せ場を作った。こちらも機力は上位クラスだろう。

 パワーが目立っているのは3位の『69号』だ。今年に入ってからは5節しか使用されていないが、そのうち4節で18強入り。3月末の長野壮志郎が優出3着、2節前の出畑孝典も優出5着と好成績を残している。ランキングの上位3機を引いた選手は、シリーズを通して狙ってみたい。

 ここ最近で上昇中なのは『55号』と『17号』。4月のルーキーシリーズで村松修二が優出5着だった『55号』は、2節前の渡辺浩司が優勝した。『17号』は3節前の広瀬将亨、2節前の田中孝明が連続優出を果たしている。他には6優出1Vの実績機『71号』も要注目だ。(立山友基)

あすは近況の好調選手

  ●エンジン2連対率ベスト10●

 順       2連    最 高   1  2 優 優

 位   機番  対率    タイム   着  着 出 勝

(1) 37号 48.8 1分48秒1 47 36 5 2

(2) 52号 47.7 1分47秒8 44 29 5 1

(3) 69号 47.1 1分48秒3 50 40 5 2

(4) 71号 46.0 1分47秒2 39 37 6 1

(5) 13号 44.0 1分48秒7 48 45 5 1

(6) 42号 43.1 1分48秒2 43 26 4 1

(7) 12号 40.6 1分48秒1 41 33 4 0

(8) 64号 40.2 1分49秒0 39 35 3 0

(9) 53号 39.4 1分48秒6 36 33 5 0

(10)55号 38.7 1分48秒6 40 44 4 1

※昨年7月8日から使用。データは5月16日まで