『プレミアムC』来期ナンバー1の青山周平が大会初V

2020.3.22 18:45更新

プレミアムカップ初Vを果たした青山周平

 飯塚オートの『特別GI共同通信社杯プレミアムカップ』(優勝賞金600万円)は22日、第12Rで優勝戦が行われ、トップスタートを決めた青山周平(35)=伊勢崎31期=が逃げ切り1着。大会初、通算13度目のGI制覇を果たすとともに、年末のSSトライアルへのポイントを10点獲得した。

 1周1コーナーを先取りした青山が、鈴木圭の強襲を振り切った。

 「うれしいけど、スピード戦にできなかった。そこは永遠の課題ですね。でも、下回りをやってスタートが持っていってくれた」

 昨年のMVPが持ち前のスタート力とテクニックで2強対決を制した。

 今回は無観客開催となり「お客さんがいないのは寂しいです」とポツリ。しかし、「最近は前みたいな走りができなかったけど、今回は部品を換えて、兆しが見えた。全てがいい方向にいった」と周平スマイルがはじけた。

 来月には当地でオールスター(4月25~29日)が行われる。4月から適用される新ランクでNO・1に返り咲く青山が、今年もSG戦線を引っ張っていく。(渡辺寿輔)