【20日飯塚9R】岩見貴史がスタート力を発揮

2020.3.20 04:55更新

岩見貴史

 2日目4Rは、トップの飛び出しを決めた岩見貴史(飯塚)が猛追する角南を振り切り1着。「手旗での朝の練習は駄目だったけど、レースは何とか切れましたね」と笑顔を見せる。「シリンダー、ピストン、リングを換えて、手前がついてくるようになった」。パーツ交換で上積みはあった様子だが「独走なのにタイムが足りない。セッティングをやります」とも。3日目9R最終予選Aは、持ち前のスタート力を発揮して準決勝進出を狙う。