【20日飯塚】オートレースちゃんねる

2020.3.20 05:00更新

加賀谷建明

 発走合図機に不具合が生じたため、2日目のスタートは手旗で行われた。オープニングの1Rは最初のスタートで笠木美孝がフライング。不穏なムードが漂ったが、2度目の発走では1枠の加賀谷建明がトップの飛び出しを決めて逃げ切った。

 「枠も良かったですね。手旗で心配だったけど、うまく切れました」とホッとした表情を浮かべていた。

 初日はスタートで立ち遅れながらも、8番手から追い上げての5着。仕上がりはどうなのか。

 「タイヤを換えていったけど、イマイチでした」と納得はいかない様子。しかし、3日目に向けては「浜松で優勝した抜群のタイヤにするつもりです」。勝負タイヤの投入を示唆した。

 その浜松では2年4カ月ぶりの優勝を飾っている。「エンジンは浜松で下回りをやっていい状態です。優勝は運とかあるから」と冷静に振り返っていた。

 3日目11Rはセンター枠。スタートが課題になるが、好位をキープできればタイヤの後押しで抜け出すシーンは十分だろう。

渡辺寿輔(わたなべ・としすけ) 競輪担当

プロフィル

サンケイスポーツ所属。東京都出身、B型。ボート、オート記者を経て、サンスポでは競輪担当へ。休日は中央、南関競馬へ足を運ぶオールラウンダーだが、レース部内ではただのギャンブル依存症と見られている。