【若獅子杯争奪戦】サトマヤが2度目のGII制覇を達成

2020.2.26 19:52更新

2016年5月の川口記念に次ぐ2度目のGIIタイトルを獲得した佐藤摩弥

 山陽オートの『GII第30回若獅子杯争奪戦』(優勝賞金150万円)は26日、第12Rで優勝戦が行われ、佐藤摩弥(27)=川口31期=が8周回を逃げ切り快勝。2016年5月の川口記念に次ぐ2度目のGIIタイトルを獲得した。2位入線の新井恵が反則妨害で失格となり、2着に丹村、3着には小林が繰り上がった。

       ◇

 1枠から1周1角を先取りした佐藤摩が、堂々の逃げ切り勝ちを決めた。

 「スタートはバッチリ切れたし、エンジンがすごく良くて完璧でした。今できる最高の走りができた」

 自己ベストを更新する3.337秒をマーク。危なげなくライバルたちを完封し、断然人気に応えた。

 昨年は女子として初めてSSトライアルに出場し、大みそかの決定戦に進出。「あの5日間がすごく自信になった」と最高峰の戦いを経験したことが収穫となった。「今年もあの舞台に行きたい。難しいとは思うけど、そこを目指したい」と言葉に力を込める。

 「(2度目の)GIIタイトルを取れたので、次はGIを取りたいです」

 快進撃を続けるサトマヤが、さらなる活躍を誓った。(渡辺寿輔)